ミレニアル世代「引き止め策」に翻弄するエージェンシーたち:マニキュアしながら人事評価も!?

無制限の休暇日数を与えたり、社内旅行やイベントなどだけでは、もはやどうにもならないということらしい。

アメリカの労働戦力の最大数を占めるようになったミレニアル世代。彼らが満足を得られる労働体験とは、それ以上の世代の見解とは大いに異なるようだ。

広告代理店オムレット(Omelet)社の共同創業者兼チーフブランドオフィサーのライアン・フェイ氏は、「20年前の若い世代と、現代のミレニアル世代の従業員の人事管理方法は大きく違う」と語る。