DIGIDAYリサーチ:米エージェンシーの従業員、半数が失業の不安を抱えている

米DIGIDAYが実施した仕事と文化に関する最新の調査によると、現在、エージェンシーの従業員の約40%が転職先を探している。昨年11月の調査では、職探しをしているエージェンシーの従業員は48%だった。新型コロナウイルス感染症の世界的大流行と経済の低迷により、雇用の流動性がわずかながら弱まったことがうかがえる。