DIGIDAYリサーチ:データアービトラージ、マーケターの懸念が欧州で強まる

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


バイサイドのマーケターはようやく、アービトラージの害に気づき、行動を取りはじめつつある。米DIGIDAYが実施した、マーケティング幹部98人を対象にした調査では、米国と欧州のマーケターの大多数(それぞれ62%と80%)が、データアービトラージやメディアアービトラージと闘うことが重要だという考えに同意した。