電通デジタル設立に見る、マーケティング業界の「超多様化」

電通は7月8日、都内のホテルで電通デジタルを広告主らに正式に発表した。電通デジタルの設立は、4月の博報堂DYデジタルの設立と合わせて、デジタルマーケティング業界のエコシステムの多様化が、日本でも米国と同様のレベルに近づいていることの強いシグナルだ。デジタルマーケティングという言葉について、プレイヤーたちがさまざまな定義を出すなかで、電通デジタルがどのようなビジョンを掲げるかに注目が集まる。

電通によると、新会社は従業員約700人、電通デジタルマーケティングセンター(DMC)にネクステッジ電通、電通イーマケティングワンを統合した。7月1日に営業を開始している。電通100%出資の子会社でCEOを大山俊哉氏が務める。デジタルマーケティングに関する包括的なサービス提供を目指している。記者らの取材に応じたCCO、丸岡吉人氏は「1日時点で電通などから電通デジタルに業務移管を行った。今後はポスト・マージャ―・インテグレーション(PMI)として、新会社のカルチャーを練っているところだ」と説明した。