東京で活躍する、アメリカ人広告企業役員の1日:「日本人は正確さで私を驚かせる」

2014年5月、米マーケティングコミュニケーション企業、オグルヴィ・アンド・メイザー(Ogilvy & Mather)に勤める役員、デイヴィッド・リッテンハウス氏は、当初3カ月の滞在予定で日本支社に来日した。

ところが、実際はそれ以上の長い滞在となる。東京にあるオンラインメディアエージェンシー、ネオ・アット・オグルヴィ(Neo@Ogilvy)の代表取締役に任命されたのだ。