「データが戦場になる」:ソレル氏の新会社、ファーストパーティデータ企業の買収を検討

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


DIGIDAY+ 限定記事 ]マーティン・ソレル氏は2018年4月にWPPを離れたあと、S4キャピタル(S4 Capital)を立ち上げ、デジタル制作会社とプログラマティック会社の2社を手に入れた。ソレル氏はいま、「重要なファーストパーティデータ資産を持ちたい」と考えているようだ。