社員たちの「燃え尽き症候群」に直面するエージェンシー:「水面下で煮えたぎる危機だ」

エージェンシーの社員たちは、極度に疲弊していていることや、心の健康状態の不安を語っている。なかには、これはエージェンシー業界の本質そのものと関わりがあるというものもいる。非常に忙しく過酷で、クライアントの気まぐれに依存していて、そして昨今は、一時解雇やそのほかの不確実なことだらけの状態だ。