険悪な様相を見せる、WPPとアクセンチュアの小競り合い:メディア監査用のデータ共有をめぐり

WPPとアクセンチュア(Accenture)の小競り合いが険悪な様相を見せている。広告業界の情報筋によると、エージェンシーの持ち株グループであるWPPは、アクセンチュアがWPPの情報を利用してWPPの価格を下回る有利な広告予算を提案する可能性があるとして、メディア監査用のデータ共有を拒否したとのことだ。