解雇でなく「一時帰休」を検討する、米エージェンシーたち

コロナウイルスによる経済状況の悪化と不透明性が見込まれるなか、アメリカのエージェンシー各社は生き残りのための手段を模索しており、なかにはレイオフや一時帰休を検討するところも出てきている。エージェンシーからすれば、社員を引きとどめつつ諸経費を削減してキャッシュを浮かせられる一時帰休のほうがいくぶんかマシなのだ。