FUTURE OF WORK

「病気休暇」が正当化できない、 リモートワーク文化の闇:「不健全なレベルの罪悪感がある」

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


最近のコロナウイルスの急増に加えて、風邪とインフルエンザの季節がやってきた。しかし、今日のリモートワーク文化の強化とプレゼンティズム(本来は休みをとるべき心身の状態でも就業すること:疾病就業)の高まりにより、一部のエージェンシー幹部は、病気休暇を取ることがもはや正当化されないと感じている。