MANAGING THROUGH CRISIS

いまや大手エージェンシーが投資家の「サヤ取り」の標的に:「その手の会話は、通常業務だ」

先行きが不透明な時は往々にして、プライベートエクイティ(未上場企業の株式)投資家にはチャンスの時だ。そんな、彼らが広告業界に目を付けているのもうなずける。その標的は、エージェンシー持株会社だ。