広告へのAI応用、エージェンシーの新たな戦場に

広告とマーテケィングの文脈においては、人工知能(AI)は理論上、よりパーソナライズされたインタラクティブな消費者体験を実現する。具体的に期待されているのは、対象を絞ったプログラマティックバイイング、ボットのような対話型販売などだ。そうした期待を、本記事の取材に応じたエージェンシーの幹部6人が語っている。