DIGIDAYリサーチ: デジタル広告ターゲティング手法の変化を表す4つのチャート

DIGIDAY+ 限定記事 ]デジタル広告ターゲティングにおける手法は、必要に迫られて残酷なまでの変化を強いられている。この変化を突き動かしている大きな要因が、これまでアドテクのビジネスモデルで中心的な役割を果たしてきたサードパーティのクッキーからの脱却だ。

それ以外にも原因はある。AppleのブラウザであるSafariではITPというアンチトラッキングが導入され、プログラマティックによる収益化の道はほぼ閉ざされた。一方Googleはセカンドプライスオークションからファーストプライスオークションへと移行しており、個人情報に配慮した広告環境というトレンドとあわせて、今後も広告ターゲティングの手法は変化に拍車がかかると思われる。

この記事では、米DIGIDAYの調査に基づく広告ターゲティングの現状についてご紹介しよう。

ファーストプライスオークションの導入