About Us

株式会社メディアジーンが運営する「DIGIDAY[日本版]」は、メディアとマーケティングという不可分の両業界をグローバルな視点で捉え、報道および考察するだけでなく、イベントおよびコミュニティ運営などを通して、その発展に寄与することを目指すバーティカルメディアです。

特に、テクノロジーがこれらの業界をディスラプトしている真実について立ち向かい、お互いにサスティナブルな関係を構築するための方策を探し求めていくことを、大きなミッションのひとつと捉えています。

 

Tagline

エッジを獲得し、よりスマートな決断を
GAIN AN EDGE, MAKE SMARTER DECISIONS

 

Mission

マーケティングサイドであってもメディアサイドであっても、ブランディングを志向する企業は、いま共通の課題を抱えています。それは「平準化」です。

インターネットによって、大企業も一個人も平等な機会が与えられたが、その分、類似のプロダクト・コンテンツ・サービスが量産され、それぞれの境界線も曖昧になりました。さらに、ごく一部のプレイヤーのみにパワーが集約され、その他大勢はただ一様に、強者の手のひらの上であがくことしかできません。

そのような状況を打破するべく、いかにターゲットの消費者と継続的な関係を築き、持続可能性の高い事業を構築していくか? DIGIDAY[日本版]は、そうした試行錯誤を行なっているブランディングの次世代リーダーたちと対話をしながら、その答えを探求していきます。

 

Target

ブランドおよびパブリッシャーにおける、ブランディングを担う次世代リーダー。また、その事業をサポートするパートナー企業担当者。

 

History

アメリカ・ニューヨークを本拠地とするDIGIDAY MEDIA(ディジデイメディア)社が、オンラインメディア「DIGIDAY.com」をローンチしたのは、2008年のこと。

以降、2012年3月にはフォーブス(Forbes)の「知っておくべき12のサイト(12 Must-Know Media Sites)」、2015年2月にはファーストカンパニー(Fast Company)の「世界でもっともイノベーティブなメディアカンパニーTOP10(The World’s Top 10 Most Innovative Companies of 2015 In Media)」に選出されるなど、DIGIDAYブランドはその影響力を強めています。

DIGIDAY.com の日本ローカライズサイト「DIGIDAY[日本版]」(DIGIDAY.jp)は、株式会社メディアジーンによって、2015年9月にローンチされました。欧米発のDIGIDAY記事の和訳に加え、日本オリジナルの記事・イベントサービスも展開しています。

 

Reference

 

Published on November 4, 2020