大躍進! たった1日で、80億回も再生されるFacebookビデオ:わずか半年で2倍の伸び

米Facebookは、本日(2015年11月5日)に発表された2015年第3四半期の決算報告において、デイリーでの平均ユーザー数が初めて10億人を超えたと述べたうえで、自社プラットフォーム上での動画視聴数が1日あたり80億回にもなると発表した。これは2015年4月時点での40億本から、再生数が一気に倍増したことを意味する。こうした要因もあってか、Facebookはこの四半期で、前年同期の30億ドルを上回る43億ドルの広告売り上げを記録した。

賛否問わず話題に上がるFacebook動画

自動再生動画に多額の出資をしているFacebook。ブランド企業たちは、たくさんの動画広告コンテンツを投下しているものの、そのメニューに対する批判がないわけではない。たとえばグローバル規模の広告代理店グループMのチーフ・デジタルオフィサーであるロブ・ノーマン氏は、かつて米DIGIDAYに対し「Facebookによる動画広告の効果測定には問題がある」と、語ったことがある

一方、マーク・ザッカーバーグCEOは、ウォール街のアナリストとの電話で「我々にはビデオの共有に最適な場所を作るチャンスがある」と発言したという。さらに「より高品質なビデオへのニーズ、そして顧客からの強い需要がある」として、この1年間で広告の平均価格を61パーセント引き上げるなど、依然として強気の姿勢を崩すことはないようだ。

進化を続けるFacebookの動画投稿

Facebookが進める新しい取り組み

また、Facebookではより没入できる広告の開発を着実に進めている。ザッカーバーグ氏としては、2014年に買収したVRヘッドセット「オキュラス・リフト」がすぐに時代の主流になるとは考えていないと思うが、モバイルアプリや傘下のインスタグラムでのカルーセル広告など、マーケティングファーム各所から注目を集めているサービスも多い。

さらにビデオクリエイターと広告収入をレベニューシェアする、YouTuber的なモデルまでスタートしたザッカーバーグ氏。ビデオプロデューサーたちがFacebookのプラットフォームで、直接コンテンツを販売できるようにすることを示唆したという。Facebookが動画マーケティングの覇権を狙う野心的な取り組みについては、競合のYouTubeならずとも目を離せない状況だ。

written by ワタナベダイスケ(参考記事