「読売新聞のデジタル化は、分業ではなくワンストップ」:読売新聞東京本社 執行役員広告局長 安部順一氏

五大紙のなかで、圧倒的な販売部数を誇る読売新聞。しかし、デジタル施策については、やや立ち遅れた印象があった。そんな同紙が、昨春からの広告局の体制変更と、この4月に予定されている「大手小町」リニューアルによって、デジタル施策が本格化しているという。読売新聞東京本社の執行役員で広告局長の安部順一氏に話を伺った。