【一問一答】媒体側の広告販売テクニック「ウォーターフォーリング」とは?

デジタルメディアたちは、常に収益を最大化しようと、自らが抱えるインベントリー(広告在庫)の活用法に工夫を凝らしてきました。

数あるテクニックのなかでも、特に頼りになるのが「ウォーターフォーリング」といわれています。日本語で「滝」を意味するウォーターフォーリングとは、パブリッシャーがインベントリーをマーケットからマーケットへと動かし、売上を最大化すること。

ただし、この戦術は、販売の自動化によって効率化できるという謳い文句とは裏腹に、時として非常な困難を伴うことがあるのです。