Viceの時価総額57億ドルに:BuzzFeed、Voxを突き放す

Vice Mediaはプライベート・エクイティファンドのTPGから4億5000万ドル(約490億円)を調達したと発表した。時価総額は57億ドル(約6300億円)。2014年の25億ドル(約2800億円)の2倍に達した。この額は米国の新興デジタルメディアのなかで最高水準であり、BuzzFeed、Vox Mediaなどを大きく引き離した。

CEOのシェーン・スミス氏は「TPGからの資金調達は新規株式公開(IPO)を助ける」と語っている。今回がIPO前の最後のファンドレイズの公算が高い。

Vice Mediaの主要株主はウォルトディズニー、ルパート・マードックの21世紀FOX、WPPなどメディア業界のビッグプレイヤーが占める。TPGは少数株主にとどまるので、株主間のバランスに影響はでなさそうだ。TPGはこれまでSpotify、芸能事務所CAA、独立系のハリウッドスタジオなどエンタメ系の投資実績がある。

BuzzFeed、Vox Mediaの主要株主は米最大メディアコングロマリットのNBCUで上記のプレイヤーの競合だ。

CNBCによると、スミス氏は「世界最大のミレニアル世代動画ライブラリを構築できる。我々がサービスを拡大することを助けてくれる。ニュース、フード、音楽、ファッション、アート、トラベル、ゲーミング、ライフスタイル、映画などの動画を製作できる」と語った。

「メディアはおそらく一番ダイナミックであり、歴史上もっとも革命的なときを迎えている。GoogleとFacebookはオンライン広告の成長分を取り込んでおり、残されたパイは少ない。OTTはメディアを巡る状況を『爆発』させており、動画事業者はスマートに素早く動かないといけない」。

Vice Mediaはフリーペーパーからデジタルメディアに進出し、米国と英国でテレビチャンネルを運営。メディア企業の新しいビジネスモデルのテストケース。

Written by 吉田拓史
Photo by TechCrunch(CreativeCommon)