タイム誌、米国版2ちゃんねる「Reddit」と編集提携:記事ネタ発掘を効率化

「タイム(Time)」誌は、記事ネタの新しい正式なソースを得た。タイム社(Time Inc.)の主力誌であるタイムは10月12日、以前からパブリッシャー各社を助けると同時に困惑させてきたコミュニティ兼プラットフォーム「レディット(Reddit)」との編集提携を発表した。

この提携で、レディットのスタッフはタイム誌の編集者のために、レディットコミュニティのメンバーが書いたオリジナルなストーリーを見つけてフラグを立てる手助けをする。タイム誌の編集者は、そうしたストーリーを記事化し、毎週木曜日に掲載される連続記事にその結果をまとめる。投稿は、タイム誌が所有・運営するサイトや、レディットのプロフィールページ、Apple Newsに配信される。

レディットはこの1年間、ソーシャルメディア分析企業クラウドタングル(CrowdTangle)やテクノロジー企業タブーラ(Taboola)などの企業や、ワシントン・ポスト(The Washington Post)などのパブリッシャーと提携関係を結んできた。一方、タイム誌の親会社であるタイム社は、コスト削減を急いでいる。「フォーチュン(Fortune)」や「スポーツ・イラストレイテッド(Sports Illustrated)」といった雑誌の発行頻度を下げる計画を立てる一方で、デジタルパブリッシャーに対して、独自メディアの印刷版を制作する機会を提供しようとしていると報じられている。今回の提携に財務的側面があるのかについては、両サイドともにコメントを控えている。

ネタ元としてのレディット

レディットの事業開発およびメディア提携担当ディレクターであるアレクサンドラ・リコミーニ氏は、「互いのオーディエンスを拡大する機会を得ることになる」と語る。

パブリッシャーは規模の大小を問わず、何年も前から、記事ネタをレディットで発掘してきた。ゴーカー(Gawker)が、レディットのコミュニティと対立したのは有名な話だ。ゴーカーのスタッフが、レディットに埋もれているストーリーをまとめる行為をやりすぎているというのが、対立の原因だった。

米DIGIDAYによる最近のポッドキャストで、アレクシス・オヘニアン氏は、大半のデジタルジャーナリストはいまでも絶えずバイラル記事のネタを求めて、レディットの14万のアクティブなサブレディットを巡回している、と述べた。

いままでにない形での提携

ただし、今回の提携はこれまでのものとは違う。ほかのWebサイトの記事や、インターネットの暗い片隅に埋もれている投稿を浮上させるのではなく、レディットのコミュニティチームのメンバーが、レディットユーザーのパフォーマンスがもっとも良いオリジナル投稿にフラグを立てるのだ。

その際には、タイム誌のライバルがクラウドタングルを通じてアクセスする可能性のある既存リストのどれにもフィットしないようなコンテンツに、特別な注意を払う。さらに、そうしたコミュニティの専門家は、レディットユーザーをタイム誌の編集者と結びつけ、レディットユーザーが作成した写真などのメデイアの使用許可を編集者が得るのを手助けする。

タイム社の「タイム」「フォーチュン」「マネー(Money)」担当エンゲージメントエディターであるブリタニー・ロビンス氏は、「我々は、レディットコミュニティによるユーザー生成コンテンツの利用方法を見つけたいと考えていた」と語る。

レディットはこの10年間ほとんどずっと、デジタルメディアのエコシステムにおいてユニークな役割を果たしてきた。トラフィック分析企業パセリ(Parse.ly)のデータによると、レディットは長年、パブリッシャーにとって、世界で参照トラフィックの流入元トップ10に入っており、LinkedInのようなもっと規模の大きいプラットフォームをいつも上回ってきた。タイム社のロビンス氏によると、レディットは以前から、タイム誌にとってソーシャルトラフィックの流入元トップ5に入っているという。

深まるパブリッシャーとの関係

とはいえ、全体的にみると、参照トラフィックの流れは、パブリッシャーにとって予測不可能だった。ほかのプラットフォームでは、独自アカウントを開設して、好きなだけプラットフォームにコンテンツを送り込めるが、レディットのコミュニティは、コンテンツにDownvote(マイナス評価)を投じたり、パブリッシャーのユーザーアカウントを停止させたりして、エコシステムにスパムを送信しようとするパブリッシャーを、積極的に規制する。

だが、そうした状況が変化しはじめた。レディットは今夏に、パブリッシャーがプロフィールページを作成できるオプションを作った。これは、タイム誌やワシントン・ポスト、ALコム(AL.com)とオープンベータでローンチしたプログラムだ。さらにレディットは、ユーザーがネイティブ動画をアップロードできるようにしはじめ、タイム誌はこの機会を利用してきた。タイム誌が今夏にアップロードした、日食の歴史に関する動画は、レディットにアップロードされたなかでもっとも人気が高い動画のひとつとなっている。

レディットがタブーラやクラウドタングルと提携したことにより、レディットの迷宮のようなエコシステム内でのコンテンツのパフォーマンスに関して、パブリッシャーから見た可視性も高まっている。レディットのリコミーニ氏は、「パブリッシャーとのエンゲージメントを高めようと、これまで努力してきた」と語る。

素晴らしい組み合わせ

タイム誌ブランドの特徴はこれまで、国内事情に関する報道だったが、現在のオーディエンスは、インターネットから出現する記事にもっと興味を抱いているように思える。レディットが発信源である、女優のスカーレット・ヨハンソン氏に驚くほどよく似ている祖母に関する最近の記事は、その年にパフォーマンスがもっとも良かったタイム誌の投稿のひとつになった。

レディットとタイム誌は、それぞれがオーディエンスの多様化を目指すWebサイトとして、すばらしい組み合わせだ。レディットのオーディエンスは62%が男性で、訪問者の3分の2以上が34歳未満であるのに対し、タイム誌のオーディエンスは60%が女性で、訪問者の3分の2近くが35歳以上だ。インターネット調査企業コムスコア(comScore)のデータによると、両サイトの米国における月間ユニークビジター数は4700万人だ。さらにレディットは、世界全体のオーディエンスが3億3000万人だと主張している。

タイム社のロビンス氏によると、提携が進むなかで、レディットが発掘する記事が、動画プロジェクトや別のマルチメディアプロジェクトの元ネタになる可能性もあるという。「我々はこのプロジェクトに情熱を注いでいる。どうなるか様子を見守るつもりだ」。

Max Willens(原文 / 訳:ガリレオ)