広告主の不安に乗って、取引を拡大するパブリッシャーたち

プログラマティックによるメディアバイイングに対するマーケターの不安が広がっている。そして、それが結果的にパブリッシャーの得になっているという状況が発生している。プログラマティック取引において、異なるデータ共有の形式を考慮するため広告主と直接詳細に立ち入った話し合いをしているメディアが増えてきているのだ。