PV至上主義から脱却する、メディア運営のゲームチェンジャー:「オートマティック イールド」の革新性

デジタルメディアにおける「量と質」の議論が白熱している、PV至上主義から脱却し、エンゲージメントを重視するパブリッシャーが増えてきたのだ。しかし、これまでは各ページの収益性が可視化されておらず、「質」と「収益」の関係についての議論は進まなかった。この問題に対してアウトブレイン ジャパン社長の嶋瀬宏氏が切り込む。