Facebookで30秒以上視聴させる「ポップシュガー」の動画戦略

ニュースフィードの自動再生のおかげで、パブリッシャーはFacebook動画の視聴回数を飛躍的に伸ばせるようになった。しかし、その腕の見せ所はユーザーに動画を30秒以上視聴させることだ。

2015年9月から動画をFacebook戦略の中心に据えている女性向けライフスタイルメディアの「ポップシュガー(PopSugar)」は、これを実現するにはちょっとした工夫が必要だと気づいた。つまり、サイレント・ビューイング向けに、動画に人目を引く映像とオンスクリーンのテキストを必ず入れるようにしたのだ。

こうした工夫のおかげで、「ポップシュガー」は同メディアの5つのカテゴリーすべてで「本物」の視聴回数(30秒以上)を大幅に増やすことができた。

42%の動画が30秒以上観られる

たとえば、ファッション関連動画に関していえば、30秒以上視聴されるものが以前はわずか21%だったが、いまでは42%にまで伸びている。オリジナル・オンライン動画コンテンツの配信を行うポップシュガースタジオ(PopSugar Studios)のプレジデントを務めるデヴィッド・グラント氏によると、現在、全体では35~50%が30秒以上視聴されているという。

16 Moments When Kendall Jenner Slayed 2015

2015 was ALL about Kendall Jenner

Posted by PopSugar Fashion on 2015年12月10日

100万回再生を超えた「PopSugar Fashion」のFacebook動画

「Facebookによれば、我々は膨大な視聴回数を獲得しているそうだ。たしかに、30秒を超える視聴回数となるとその数は低くなる。それでもこの数字は、デタラメではないと自信をもっていえる」とグラント社長は語る。

視聴完了率が30%まで向上

実例を挙げるとしたら、初期のポップシュガーのあるFacebook動画を観ればわかる。下のキャプチャーからは、計測された動画の最初の3秒間が、観る者を惹き付ける魅力的な映像ではじまっていないことがチャートの折れ線の下降具合からみてとれる。実際、再生が始まって30秒が過ぎてもこの動画を観続けた視聴者は、15.6%だけだった。

PopSugar-Facebook-Video-Chart-1

これとまったく対照的なのが最近の動画の特徴で、下のキャプチャーのチャートに表れている。これは、ポップシュガーが最近アップロードした動画で、視聴者を引き込む映像(グラント氏はこれを「マネーショット[金を生む印象的な映像]」と呼んでいる)からはじまっており、最後まで動画が視聴された率が30%まで向上した。

PopSugar-Facebook-Video-Chart-2

グラント氏は、「最初に、視聴者はオープニング映像に大変興味をもってくれた。あとでまたこの動画を再生してくれるほどだった。Facebookのオーディエンスに最初の数秒で何が重要なのかを理解させることが、コンバージョン率にとって重大な意味をもっている」と語った。

答えを探し、実践すること

いま挙げたのはあくまで一例だが、動画の内容がオーディエンスの共感を呼ぶ限り、ポップシュガーのFacebook動画は成果を挙げている、とグラント社長はいう。オンライン動画マーケティング向けのソフトウェアとサービスを提供するチューブラーラボ(Tubular Labs)によると、ポップシュガーが1カ月に獲得するFacebook動画の視聴回数は5100万回だという。

最初の3秒でユーザーを惹きつけ、最後まで視聴を促すことの意味について、グラント氏は次のように述べている。

「我々は物語を伝える仕事をしている。もしそのビジネスが3秒間の視聴の上に築かれるものなら、そこにはビジネスなどない。Facebookがそれをカウントしていようといまいと。大切なのは、Facebookでは何が効果的なのか、その答えを探し、実践することだ。ちょうど、我々がYouTubeでやったのと同じように。もし視聴者の興味を長く惹きつけられないのであれば、そのときは、プラットフォームに関係なく、我々のやり方が正しくないということだ」

Sahil Patel(原文 / 訳:ガリレオ)
Image via PopSugar and YouTube