ビジネスインサイダーの日本版、今冬ローンチを発表

本日、DIGIDAY[日本版]を運営する株式会社メディアジーンは、アメリカの新興ビジネスニュースサイト「ビジネスインサイダー(BUSINESS INSIDER)」の日本版発行ライセンスの取得を発表した。具体的なローンチ日時は決定していないが、今冬を予定している。

プレスリリースにおいて、ビジネスインサイダー社CEOのヘンリー・ブロジェット氏は、日本版ローンチに向けて、次のようなメッセージを寄せている。

「ビジネスインサイダーの新たなグロバールサイトとして日本版がローンチすることにとても興奮しています。メディアジーンは、ニュースメディアおよびデジタル領域を深く理解しており、リアルタイムに誰もが注目する情報を社会に提供するというビジネスインサイダーの報道スタイルをともに広げていける理想的なパートナーです」。

株式会社メディアジーンは、本サイトDIGIDAY[日本版]をはじめ、ギズモード・ジャパンライフハッカー[日本版]など、10年に渡って、海外メディアの日本版ローカライズを手がけてきた。オリジナルも含め、10のデジタルメディアを運営しており、全メディアで月間1億4000万PV/月を獲得している。

ビジネスインサイダーは、全米で4300万人強のユニークユーザーを有する屈指のビジネスニュースサイト。ミレニアル世代をターゲットにしており、現在、英国、ドイツ、オーストラリア、インドなど世界10カ国以上で展開している。また、ドイツの新聞最大手アクセル・シュプリンガーが2015年9月末、3億4300万ドル(約410億円)で買収したことも記憶に新しい。

Text by DIGIDAY[日本版]編集部