インスタグラム、スナチャ化を発表?:24時間で消える投稿機能を実装

ライバルが本格的に日本上陸する前に、大いなる牽制となりそうだ。

インスタグラムは8月2日、新機能「インスタグラムストーリーズ」を発表した。この機能を使えば、まるでSnapchat(スナップチャット)の「ストーリー」機能と同様に、投稿した写真をひとつにまとめ、24時間で消失させることができるという。

以下、プレスリリースからの引用しておく。

Instagram Storiesでは、投稿の頻度や回数を心配する必要はありません。存分にクリエイティビティを発揮しながら、一日中好きなだけ、たくさんのコンテンツをシェアすることが可能です。テキストツールやおえかきツールを使用して、あなたの“ストーリー”を新たな方法で表現することができます。Instagram Storiesでシェアされた写真や動画は、投稿後24時間で自動的に消え、あなたのプロフィール画面やフィードには表示されません。

こちらは、プレスリリースと一緒に公開された動画だ。名前だけでなく、機能自体もSnapchatのストーリーと同じであることがわかる。

 

なお、本家Snapchatの方は、アプリ自体の日本語化はすんでいるものの、本格的な日本展開には至っていない。ホーム画面の大きな部分を占めるコンテンツセクション「ディスカバリー」の日本語化が済んでいないため、日本人にはどうしても馴染まないUIになっていた。

そこに今回の発表は、大きな意味をもつ。すでに国内でも大きなユーザーを囲うインスタグラムがSnapchatとほぼ同じようなことができるということは、新しいアプリは必要ないということになりかねない。

なお、この「インスタグラムストーリーズ」は、すでに日本版のインスタグラムアプリにも実装されている。

Word by 長田真