インスタ「ストーリーズ」、リンク設置が可能に:ブーメランとメンションの機能を実装

インスタグラムのアップデートが著しい。

先週の11月1日、中小の小売業者に待ち望まれていた機能のテスト運用開始の発表を行った、インスタグラム。今度は本日、「インスタグラムストーリーズ(Instagram Stories)」に対する、アップデートを発表した。

「ストーリーズ」は、この夏にインスタグラムへ実装された新機能。「ストーリー」として投稿された写真はホーム画面の上部に集約され、タップのみで連続閲覧することができる。また、これらの写真は24時間で消失。まさに、対Snapchat(スナップチャット)となっているところがミソだ。

今回のアップデートでは、この「ストーリーズ」内で、ループする1秒動画を撮影できるアプリ「ブーメラン(Boomerang)」と連携が可能になり、そして「ストーリーズ」内にメンションを設置できるようになったという。「ブーメラン」もメンションも、よりインスタグラムらしい機能。このアップデートで、より独自の進化をはじめたということなのだろう。

この度、Instagram StoriesにBoomerangとメンション機能が加わりました。また、一部のストーリーにおいて外部リンク機能も試験的に導入します。 日常の何気ない瞬間を面白い動画に変えてくれるBoomerangアプリ。これからは、Instagramアプリ内で簡単にBoomerangを撮影できます。ホーム画面を右にスワイプするとストーリー専用のカメラが起動し、録画ボタンの下の撮影モードから、Boomerangを選択できます。 そしてお友だちと一緒にいるときや、景色を見てふと誰かを思い出したとき、そんなときのストーリーに、相手のInstagramプロフィールをメンションできるようになりました。ストーリーにテキストを追加する際、メンションしたいアカウント名の前に“@”マークを付けて入力すると、該当するアカウントが選択できます。メンションであることがわかるように、選択したアカウント名には下線が引かれ、タップするとそのプロフィールを確認することができます。 また今後、画面の下に「もっと見る」というリンクがついたストーリーを見かけるかもしれません。「もっと見る」をタップ、あるいはその画面を上にスワイプすると、そこに設定された外部リンク先の情報をInstagramアプリ内から直接閲覧することができます。この機能は試験的な導入となり、現在ストーリー内にリンクを付けられるのは認証マークのついたアカウントのみとなります。 今回のアップデートについて詳しくは、 help.instagram.com をご覧ください。 これらのInstagram Storiesのアップデートは、Instagram version 9.7の一部として、AppleのApp Store (iOS)、Google Play (Android)、およびWindows Store (Windows 10) からダウンロードできます。

Instagram Japanさん(@instagramjapan)が投稿した写真 –

それにしても、インスタグラム「ストーリーズ」は、インターフェイスにおいて、とても重要度の高い位置に設置されている。これまでは、ホーム画面にしか見られなかったが、つい先日より「検索」タブ内でも表示されることになった。このことにより、「ストーリーズ」から新しいユーザーを発見できるようになっている。さらに今回、メンションができるようになったことで、その利用方法は格段に拡がりを見せる。

instagram−boomerang−mention

ブーメランとメンション機能を告知する投稿

対して、Snapchatは、どうやらスナップコードを通して、リアルとの連携をより強めようとしていることが、先日判明した。これまでは、フレンドの追加にしか利用できなかったスナップコード。今後は、ポスターやテレビCMなどに露出し、ユーザーにそれを読み込ませることで、ブラウザのようにSnapchatを利用できる。まさにQRコードの代替だが、デイリーのアクティブユーザーが1億5000万人いるSnapchatで同じことができるインパクトは計り知れない。

tumblr_inline_ogdu0k36yw1svf3j7_540

「See More」リンクがつけられた「ストーリー」投稿

なお、本国のインスタグラムブログでは、ブーメランとメンションのアップデートとともに、「さらに見る(See More)」リンクもテスト運用されていることが明かされた。これを利用すれば、「ストーリー」投稿から、そのまま特定のサイトへ遷移させることができる。あくまでインスタグラム内のプロフィールページにしか誘導できないメンションとは異なり、もっとダイレクトな使い方が可能になる。

まさに伸び盛りを感じさせる、両者のアップデート。写真&動画メインとしたソーシャルメディアが、今後メインストリームとなることを実感させる。

Written by 長田真