日本はTwitterがもっとも利用される唯一の国:世界のSNSユーザー動向を示す5つの表

デジタル広告のシェアやオーディエンスはFacebookとGoogleの独壇場だが、実はほかにも成長を見せるソーシャルプラットフォームは存在する。ユーザーがどのプラットフォームにどれくらい時間を割いているのか、国別にまとめた調査を紹介する。

世界の大半は、Facebookに占拠される

ソーシャルメディアストラテジストのヴィンチェンツォ・コセンツァ氏がSimilarWeb(シミラーウェブ)とAmazon Alexa(アレクサ)を用いて行ったトラフィック解析によれば、解析対象の149カ国のうち119カ国でFacebookがトップを占めている。つまり、ほかのプラットフォーム(Facebook傘下のインスタグラム等を除く)やその国独自のソーシャルネットワークがトップを占めている国も少なからず存在している。

ボツワナ、モザンピーク、ナミビア、イラン、インドネシアでもっとも利用されているネットワークはインスタグラムだ。中国ではほぼ全域でFacebook、Twitter、インスタグラムがブロックされており、コセンツァ氏の分析によると6億3200万人のアクティブユーザーを誇るQ-Zone(QQ空間)が、ソーシャルネットワークのトップを占めるという。同氏の調査によると、Twitterがもっとも利用されている唯一の国が日本だ。

またロシアでは同国のメイルルー(Mail.Ru)グループ傘下のヴェーカー(VKontakte:VK)とアドナクラースニキ(Odnoklassniki:OK.ru)が優勢となっていると、コセンツァ氏は分析する。ほかにも、統計調査会社のスタティスタ(Statista)によると、QQやWeChat(微信)といった中国で人気のメッセージングアプリの利用者数は、Q-zoneを上回るという。

map

Amazonのコンテンツをもっとも利用しているドイツ人

いま、Amazonのメディアおよび広告への進出が話題となっている。市場調査会社のeマーケター(eMarketer)によると、ドイツではAmazonがデジタルコンテンツやデジタルサービスのプラットフォームとして、もっとも高い人気を獲得している。同社の報告によると、ドイツのインターネットユーザーの半数以上がデジタルコンテンツやデジタルサービスの購入にAmazonを利用しており、Google Playの利用者は39%にとどまっている。ほかのWebサイトを通じた購入の合計が30%で、iTunesが25%と続く。

GermanySource: eMarketer

またドイツの世論調査機関フォルザ(Forsa)が同国IT業界団体ビットコム(BITKOM)に向けて行った2016年12月の調査では、ドイツの6、7歳にもっとも人気なデジタルのアクティビティは映画や動画、TVドラマとなっており、Amazonはそこにも力を注いでいる。Amazonは同国の有料デジタルコンテンツのプラットフォームでもリードを広げようとしており、子供を対象としたコンテンツアプリFreeTimeのモバイルアプリの普及に力を入れている。

Googleを使う時間がもっとも長いイギリス人

調査会社ベルトアナリティクス(Verto Analytics)が行ったイギリスの成人5000人を対象とした調査によると、イギリス人はインターネット利用時間のうち3分半に1回の割合でGoogleおよびFacebookを利用していると報告されている。

Googleについては、主な内訳を検索やYoutube、Gmailとして6分おきに同社所有のサービスが利用されている。これは対象者のインターネット利用時間の17%に相当する。一方で、利用時間のうち11%をWhatsApp(ワッツアップ)やインスタグラムといったFacebook所有のサービスが利用されていると同調査は報告する。

さらに1.9%がヤフーとAOLを合わせた新ブランド、オース(Oath)に費やされ、オースは7位に位置している。

timeUKSource: Verto Analytics.

イギリスにおける上位10社は、BBCを除き、すべてアメリカ企業なのが特徴的だ。そして前述の調査によるとイギリスでは、インターネット利用時間の半分がこの10社のサイトに費やされているという。そして、イギリスでもっとも利用されている上位20サイトのうち、BBCとSkyのみがイギリス企業のサイトとなっている。

ベルトアナリティクスCEOのハンヌ・ベルカサロ氏は「こうした少数の会社、特に上位2社による寡占状態が意味するのは、単に私たちがどのサイトを見るかというだけにとどまらない。私たちが何を見て何を聞くか、そして広告収入がどこに入るかをこうした少数のサイトがコントロールしているということであり、その傾向は強まる一方だ」という。

グローバルアクティブユーザー数で、Facebook軍団に唯一対抗できるのはYouTube

スタティスタの調査によると、今月のアクティブユーザー数でFacebookや同社のWhatsAppやMessenger(メッセンジャー)に対抗できているのはYouTubeだけだと報告されている。8月のYouTubeの月間アクティブユーザー数(MAU)は15億人に上る。Facebookが20億人、WhatsAppは12億人、Messengerも12億人だ。WeChatが5番手で9億3800万人、インスタグラムが7億人となっている。

statistaSource: Statista.

アメリカの18~29歳に対し、最大のリーチ数を誇るFacebook

スタティスタによる2月のデータでは、アメリカの18~29歳のユーザーに対するシェアが最大なのはFacebook、インスタグラム、YouTubeで、それぞれ86%、58%、71%となっている。同年齢層でそれに次ぐのがTwitterで47%、Snapchatは45%となっている。

Jessica Davies(原文 / 訳:SI Japan)
Image from 米DIGIDAY