Tumblrソーシャル担当は、民主党全国大会で何を報じたか?:担当者の一日を追跡

Tumblr(タンブラー)におけるビクトリア・マッカロー氏の役割は、ミレニアル世代が話題にすることについて知ることだ。そしてそれらについて、3億700万のユーザーたちにエンゲージする方法を探している。

この7月の最終週、31歳のテネシー人はフィラデルフィアの民主党全国大会に密着した。「私たちは、プラットフォーム、支援団体、ソーシャルクラウド、コミュニティ、そしてユーザーのあいだの調整役として、ここにいる」と、マッカロー氏は語る。

今回、彼女の行うべきことは、Tumblr上のバーチャル質疑応答パネル「イシュータイム(IssueTime)」といった、独自プログラムのために、MTV や Vox.com、そして リファイナリー29(Refinery29)などのメディア機関と提携することだ。その着想は、LGBT運動、銃犯罪、性の健康、人種といった話題について、支援者や専門家のパネルを作ることにあるという。

マッカロー氏は政治に通じている。「問題に関心もつ、若く、目標をもたない大学の卒業生」として、彼女は2008年のオバマ氏の選挙キャンペーンに、コミュニティオーガナイザーとして参加。その後、2011年から2013年の間、ホワイトハウスでパブリックエンゲージメント・アソシエートディレクターを務めた。

Tumblrアーティストのブライアン・バトラー氏とマッカロー氏(左)

Tumblrアーティストのブライアン・バトラー氏とマッカロー氏(左)

ホワイトハウスにおける役割と、現在のTumblrにおけるソーシャルインパクトと公共政策トップとしての役割の両方で、マッカロー氏の最大の課題は、非常にセンシティブで、しばしば二極化しがちな話題を、洞察に満ちた公の場での対話に変えることである。

「真剣な反応を得られない場合、我々の取り組みは上手くいっていないといえる」と、マッカロー氏。自分の役割は、常にバランス感覚が求められると付け加える。「警察の非道と、より拡大した人種対話は大変センシティブなトピックであり、すべての領域を満たすため、適切な人々や専門家に確実に参加してもらえるよう、注意しなければならない」。

米DIGIDAYはマッカロー氏に、7月最終週の民主党全国大会における典型的な1日の行動記録があれば共有させて欲しいと頼んだ。分かりやすくするために少し編集して、彼女の1日を時間の経過を追って紹介する。

◆ ◆ ◆

7:00 am 昨夜は深夜2時に就寝。そしてジョギングに出かけるため、やっとの思いでベッドから起き上がる。昨夜のオープニングナイトは、フィラデルフィアの悪天候による遅延や重要人物たちのスピーチで長時間にわたった。終了を告げる合図は深夜まで鳴らなかった。

終わりのない夜と、早い朝のはじまりが続く政治キャンペーンを数年経験したことで、たとえ数分間でも、なんらかの運動とそれに付随した気分を落ち着ける時間が、1日を乗り切る持久力を私に与えてくれることを学んだ。

8:30 am 朝食中、大会のオープニングナイトについて議論をしているNPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)ポリティクスのポッドキャストを聴き、その後フィラデルフィアの地方局に切り替え、抗議行動、決起集会、その他の活動が今日どこで行われるかを確認する。トップ記事に目を通すことができる時間はわずかであるため、ラジオやポッドキャストが私のニュースソースになっている。

その日の予定を立て、昨晩、知った追加の活動に時間を割く。今日の私の目標のひとつは、現場のTumblrソーシャルリードであるアンディや、我がTumblrの“creatr”アーティストのブライアン・バトラーに、できる限りたくさんのイベントに参加してもらい、大会中の活動の内部情報や会場最前列からの様子をTumblrコミュニティに提供してもらうことだ。

10:30 am アンディ、ブライアンと一緒に、ローガンスクエアのボーカルマジョリティ(Vocal Majority)による銃犯罪防止集会に出向く。元下院議員ギャビー・ギフォード氏とジョン・ルイス氏が聴衆に向かって、議会がさらに銃の安全対策をとるように求めていくことを訴えるときに間に合うことができた。数名の選出議員に加え、子供たちが銃犯罪の犠牲になった親たちの話を聞くこともできた。銃の安全を求める団体が、同イベントに参加している。

銃犯罪の防止は、Tumblrが2016年選挙プログラミングに対して、重点を置いている主要課題のひとつだ。ブライアンが同イベントの大筋をまとめ、アンディが我々のSnapchatのニュース記事用に参加者のインタビューをしているあいだに、私は代表的グループに注目し、銃犯罪で息子たちを失い、現在は草の根支援グループ「マムズ・インチャージ(Moms in Charge)」に参加している2名の母親たちの話を聞いた。また、来週のフォローアップコールでマムズ・チャージのメンバーの関心を得るにはどうすればよいかを議論するため、彼女たちの連絡先も入手した。

12:30 am 大会認証窓口に行き、今晩の大会のためTumblr用パスを取得。シェラトンの混雑したロビーでの受け渡しは、映画の麻薬取引と似ていないこともない。

1:00 pm 我々の次のイベントは、全米都市同盟によって開催されたソーシャル・ジャスティス・アワーズ・ランチョン。アル・シャープトン牧師、ヒューマン・ライツ・キャンペーンのエグゼクティブディレクター、チャド・グリフィン氏、アジア系及び太平洋諸島系アメリカ人ヘルスフォーラムのエグゼクティブディレクター、キャシー・コーチン氏といったリーダーたちが、公民権とマイノリティ・コミュニティのあいだでの団結の必要性と、その力について聴衆に語る。

オーランド、バトンルージュ、ダラスの悲劇のあと、課題への取り組み方法について活動家のコミュニティでは、多くの異なる意見が出ている。ここで交わした会話は、Tumblrでこれらの問題に感性をもってアプローチし、より効果的な地域の治安維持、教育改革、有権者教育とアクセスに関する多くの視点を認識する、バランスのとれたフォーラムを提供する必要があることを思い出されてくれた。

3:00 pm ホワイトハウス時代の同僚、ヘザー・フォスター氏にばったり出くわし、この狂乱から逃げ出して、遅い昼食をとりながら、自分たちの生活と政治について近況を報告し合うことにした。オバマ大統領のアフリカ系アメリカ人コミュニティの前リエゾンだったヘザーも、銃犯罪、警察の非道、そして教育改革を含む、人種に関連したすべての問題に関して、普段から助言を与えてくれる。私たちは、Tumblrの「イシュータイム」での人種に関する質疑応答シリーズに関して、どのような意見を取り上げるべきかについて、意見を交わし合った。

5:00 pm 次は、Tumblrがスポンサーとなっている、ふたつのイベントのうちのひとつ、「カートゥーンズ・アンド・カクテルズ」。我々はファースト・ルック・メディア(First Look Media)と組んで、同社の政治漫画ブログ「ザ・ニブ(The Nib)」の再導入を支援する。会場は2016年の選挙のあらゆる側面や有名人を網羅する漫画アートを展示するアートギャラリーだ。これらの作品は、Tumblrのユーザーがまさに望むやり方で、気が利いて面白く、そしてエッジが効いたものだ。

7:00 pm コメディアンのカマウ・ベル氏とハリ・コンダバル氏の意見を聞いたあと、「ザ・ニブ」のエディター、マット・ボルス氏に加え、聴衆たちは、今晩の目玉のビル・クリントン氏を含めた大会の基調講演を聞きにウェルズ・ファーゴ・センターに向かいはじめた。

10:30 pm すべてのスピーチを通して大きな拍手や支持を表明する掛け声が沸き、今晩の大会会場の様子と活気は、一層ポジティブで盛り上がりを見せた。昨日の会場では、反対の大合唱とブーイングで溢れていたが、バーニー・サンダース氏が正式にヒラリー・クリントン氏の指名を支持したことで、代議員と今夜の参加者の過半数を団結させたようだ。ビル・クリントン元大統領がその晩の幕引き。彼一流のスピーチにあわせて、会場の多くが涙し、元気づけられた。

我々は、ゆっくりとウーバーラウンジへ向かい、今晩のスピーチに対する自分たちの反応を繰り返しかみしめながら、ほかの何千という人々と一緒に自分たちの車が来るのを、いまかいまかと待っていた。

11:30 pm ダウンタウンに戻って、我々の最後の目的地、Tumblrの2つ目のスポンサーイベント、ギャビー・ギフォード氏とマーク・ケリー大佐の銃犯罪防止団体、アメリカン・フォー・レスポンシブル・ソリューション(Americans for Responsible Solutions)を支援するケシャとドライブ・バイ・トラッカーズのコンサートへ。

政治や重要事項の実情について難しい会話が詰め込まれた1日を過ごした後、ほとんどしゃべることなく踊り尽くすことを考えているうちに元気が戻ってくるのを感じた。

Jemma Brackebush(原文 / 訳:Conyac