マーケティング活用が進む「360度ビデオ広告」:Facebookが紹介する6つのブランド事例

Facebookは2015年11月12日、Androidデバイスで開始していた360度の全天球ビデオ対応を、iPhoneなどのApple製デバイスでも有効化すると発表した。

2014年には没入型ヘッドマウンテッド・ディスプレイのオキュラスVR(Oculus VR)社を20億ドル(約2453億円)で買収した経緯があるなど、先進的な動画マーケティングに力を入れている同社。ディズニー・ワールド・リゾートや米通信大手AT&T、ビールのコロナ、家電大手サムスン、そして飲食品のネスカフェやリッツといったブランド企業が、いちはやく360度ビデオ広告をテストしていると強調する。

それと同時に「我々が9月に全天球ビデオのシェア機能をローンチして以来、たくさんのパブリッシャーによって、何千ものユニークな全天球ビデオが投稿されてきた」とも自社ブログ記事で語った。

「全天球ビデオの普及には数年かかるかもしれない」

まだ一部ゲーマーなど、アーリーアダプター層の利用に留まっている全天球ビデオ。VRヘッドセットの代名詞的プロダクト「オキュラスリフト(Oculus Rift)」を傘下におさめるFacebookのマーク・ザッカーバーグ氏でさえ、「全天球ビデオがスマートフォンのように浸透するには、これから数年はかかるかもしれない」という旨の発言をしている。現状では、まだ普及にはほど遠い段階といえそうだ。

その一方で、先進的なブランド企業やパブリッシャーにとっての「ホットな実験場」になっている側面もある全天球ビデオ。YouTubeでも同様な機能のサポートが開始されている。つまり、オーディエンスはその気になれば「Samsung Gear VR」のようなスマートフォン装着型VRゴーグルを使えば、いますぐにでも全天球ビデオの体験ができるというわけだ。

各ブランド企業が取り組む最新の360度ビデオ

このムーブメントを活性化させるべく、プラットフォーマーとしてのFacebookは、ビデオクリエイター向けに360度ビデオに関するヘルプサイトをオープン。また「リコーTHETA」などの360度カメラ・ハードウェアからの直接アップロードに対応したり、ジャイロプティック(Giroptic)やICリアルテック(IC Real Tech)などカメラメーカーとの協力を進めている。

最後に、冒頭に名前が挙がっていたブランド企業6社による、最新360度ビデオを見てみよう。これまでの動画コンテンツとは一味ちがったユーザー体験への布石が、すでに打たれ始めているのを感じられるはずだ(※以下は360度ビデオ広告をGIFデータ化したもの)。

ディズニー・ワールド・リゾート実際の360度ビデオ
disney

ネスカフェ実際の360度ビデオ
nescafe

リッツ実際の360度ビデオ
ritz

AT&T実際の360度ビデオ
att1

サムスン実際の360度ビデオ
samsung1

コロナビール実際の360度ビデオ
corona-facebook

written by ワタナベダイスケ(参照記事)
Photo by SergeyGalyonkin(CreativeCommon)