インスタグラム、その広告の現状を示す5つのグラフ:収益化はまだはじまったばかり

Facebookは一発屋ではないことを、インスタグラムが証明している。

これから数年、インスタグラムの広告収入は、Facebookのビジネス全体の大きな部分を占めるようになり、飛躍することが予測されている。インスタグラムが新しいプロダクトをローンチするにしたがい、エージェンシーはますます同プラットフォームに目を向けるようになり、彼らの支出の多様化が起きている。Snapchat(スナップチャット)が脅威として台頭しているが、インスタグラムの利益見込は、依然としてライバルを大幅に上回っているのだ。

インスタグラム広告が現在どの位置にいるのかをまとめた、5つのグラフを紹介する。

広告収益の伸び

さまざまな金融機関の予測によると、インスタグラムの広告収入の急増が予想されている。概して、これらのレポートはインスタグラムの広告収益が2016年の約20億ドル(約2170億円)から2018年には約55億ドル(約5968億円)まで飛躍すると予測している。

「インスタグラムが大きく広告を利用しはじめたのは約1年ほど前であり、つまり収益化という点では、はじまったばかりだ」と、イーマーケター(eMarketer)の主席アナリスト、デビー・ウィリアムソン氏はいう。「このプラットフォームでの広告掲載には、依然としてある程度の累積需要がある」。

ソース:ジェフリーズ(Jefferies)、JMP証券(JMP Securities)、UBS、野村証券(Nomura Securities)、サントラスト・バンクス(SunTrust Banks)、JPモルガン(J.P. Morgan)

Facebook内での成長

イーマーケターによると、インスタグラムの広告収入が増えるにつれ、親会社の広告収入全体のなかの大きな部分を占めるようになるだろうとのことだ。Facebookのネットワーク内でインスタグラムが成長できている理由のひとつは、まだ成熟していないプラットフォームとして、「インスタグラムは、広告の露出や広告主の活用においてはまだ飽和状態になっていないからだろう」とコミュニケーションマーケティング会社、エデルマン(Edelman)のチーフ・コンテンツ・ストラテジスト、スティーブ・ルベル氏は述べている。

ソース:イーマーケター

広告支出の多様化

Snapchatのような「ストーリー」からショッピング機能の開始まで、今年、インスタグラムはいくつかの広告プロダクトを開始した。これらの新しいプロダクトにより、「広告主による広告枠の買い取り拡大がかなり容易になっている」と、ウィリアムソン氏は語った。

インスタグラムが新しい広告商品に手を広げるにつれて、広告主は同プラットフォームに支出する方法を多様化している。ソーシャルマーケティング会社、キネティック・ソーシャル(Kinetic Social)の報告によると、インスタグラムへの広告支出はもはやリンククリックキャンペーンが優勢ではなくなっている。今年、広告主はコンバージョン、エンゲージメントそして動画ビューに基づいてキャンペーン全体にインスタグラムの支出を広げはじめた。

ソース:キネティック・ソーシャルトレンドレポート

エージェンシーによる採用

メディア業界のソフトウェア会社ストラータ(Strata)は、83の広告代理店を調査し、彼らのキャンペーンでどのプラットフォームを使用しているかを調査した。Snapchatが本調査で欠けていることを念頭に置くべきではあるが、2015年から2016年にかけてインスタグラムの使用がもっとも増加している。

ソース:ストラータ

Snapchatとの競争

Snapchatは話題の新しいモノであり、最近ではFacebookやインスタグラムがその機能をまねしようと必死に努力している。

「Snapchatは、ただのキラキラした対象から長期的に生き残る能力をもったプラットフォームへと実際に変わってきている」とイーマーケターのレポートで、マインドシェア・サンスランシスコ(Mindshare San Francisco)のマネージングパートナーでありマネージングディレクターも務めるクリス・ウォレス氏は述べている。「Snapchatはインスタグラムに対する脅威だと確信している」。

Snapchatは強力な競争相手だが、インスタグラムの収益はSnapchatのそれを凌駕すると予測されている。なぜならSnapchatとは異なり、インスタグラムはWebで最大規模のひとつである企業の傘下で運営していることで、その恩恵を受けているからだ。

「Facebookでの厳密なターゲティングと効果測定は、すでに、または今後インスタグラムに適用される。そして、それによってインスタグラムは広告主にとってより快適なものに変わるだろう」とイーマーケターのウィリアムソン氏はいう。

ソース:イーマーケター

ソース:イーマーケター

Ross Benes(原文 / 訳:Conyac)