2016年、ターゲティング広告はどうなる? 〜主要プレイヤーの動向から予測

「気持ち悪い」広告の典型例は、いまや古風な趣のようなものまで感じられる。たとえば、とある靴のページを1回ブラウズすると、訪問する先々のサイトで、その靴サイトのバナーが表示されるのだ。

ターゲティング広告は2016年、GoogleやFacebookといったプラットフォームが吸い取る大量のデータのおかげで、さらなる洗練が進むだろう。ターゲティングをどこまで進めるのかという問題は、業界が2016年に直面する最重要課題のひとつになるはずだ。2015年には、アドブロックが重要な課題だという議論があったが、広告に対抗するソフトウェアの興隆は、プライバシーと深くかかわってくる。

広告世界2位オムニコム系のエージェンシー、トライバル・ワールドワイド(Tribal Worldwide)で北米業務担当プレジデントを務めるリチャード・ゲスト氏は、「顧客のリアクションと期待に基づいて広告主がやるべきことと、実際にできることとには、微妙な違いがある」と語っている。