シカゴ美術館、「ゴッホの寝室」をそのまんまに3次元化:Airbnbを利用したプロモーション事例

ゴッホの絵画を忠実に再現した空間で、実際に寝食を行うのは、イマーシブ(没入)体験の最たるものといえるだろう。

2016年2月9日、民間宿泊サービスのマッチングサイト、Airbnb(エアビーアンドビー)は、印象派の巨匠フィンセント・ファン・ゴッホの作品「ファン・ゴッホの寝室」そのものといえる部屋を、一般向けに貸し出した。これはシカゴ美術館で現在開催されている、展示会「ファン・ゴッホの寝室」(開催期間:2016年2月14〜5月10日)のプロモーションとして実施されたものだ。

DIGIDAY[日本版]のメール取材に対して、心良く答えてくれた、シカゴ美術館の広報アマンダ・ヒックス氏。今回のプロモーションは、シカゴに拠点を置くピュブリシス傘下のエージェンシー、レオ・ブルネット(Leo Burnett)と、アーティストチームのレイベンウッド・スタジオ(Ravenswood Studio)とともに実現したと語る。