米ホテルチェーン、インスタグラム経由での宿泊予約を開始

誰もがインスタグラムを使った売上増加を狙っているなか、ホテルチェーンのスターウッド(Starwood’s)はインスタグラムを予約獲得に利用しはじめた。

同ホテルチェーンの「トリビュート・ポートフォリオ(Tribute Portfolio)」ブランドは、ショッピングプラットフォーム「ライクトゥーノウ・イット(LiketoKnow.it)」との提携により、スターウッドと契約したインフルエンサーが投稿したインスタグラム上の写真をユーザーがタップすると宿泊予約ができるようにした。

このプロセスは、厳密にはシームレスではない。写真上のタグをタップすると、撮影されたホテルのアカウントに飛び、そこに掲載された予約サイトのURLから誘導できる、という仕組みだ。パリに新しくオープンした2つのホテル、「ル・メトロポリタン(Le Metropolitan)」と「ル・ドカンス(Le Dokhan’s)」が、現在この方法で予約可能だという。

「我々のターゲットオーディエンスがソーシャルなつながりをもつ独立志向の旅行者であること、我々が新しい独立系ホテルブランドであることを考えると、ソーシャルメディアの重要性は明らかだ」と、トリビュート・ポートフォリオのグローバルブランドリーダー、デイブ・マー氏は語る。

認知目的でインフルエンサーに依頼

インスタグラムには「今すぐ購入(Shop Now)」ボタンが実装されたが、広告料を払っていないマーケターは、いまも投稿にクリック可能なリンクを埋め込むことができない。

スターウッドは、ライクトゥーノウ・イットのコンテンツクリエイターのコミュニティから、5つの主要なソーシャル・インフルエンサーに協力を仰いだ。Alex’s Closet、La Revue De Kenza、J’aime tout Chez toi、Elles en Parlent、Marie Luv Pinkだ。

「我々はスポンサードアドに反対なわけではない。実際、インスタグラムのカルーセル広告もだいぶ前に試してみた。けれども、網を広げて我々のホテルに興味をもってくれるオーディエンスを見つけるには、彼らのお気に入りのインフルエンサーに話題にしてもらう、この方法が一番だ。認知してもらうのが主目的だが、予約も多少は増えるだろうと考えている」。

インフルエンサーの写真の詳細には、ライクトゥーノウ・イット経由の商品リンク、@tributefortfolioというアカウント名 、それに#independentmomentsというハッシュタグが添えられている。

いい加減な指標で評価するな

トリビュート・ポートフォリオは、利用客にも滞在を満喫している写真を撮って、ソーシャルメディアにハッシュタグ、#independentmomentsをつけてアップロードするよう促している。投稿された写真はトリビュート・ポートフォリオのTumblrページにハッシュタグ付きで掲載される。また、同ホテルブランドはコーチェラ・ミュージックフェスティバル中にSnapchat(スナップチャット)の利用を開始した。

ホテル業界は、「いい加減な指標で実験を評価したりせず、きちんとした投資対効果や分析データが手に入るのであれば、さまざまなソーシャルチャネルやデジタルチャネルで実験を続けるべきだ」と、旅行情報メディア「スキフト(Skift)」の共同創業者でコンテンツ責任者を務める、ジェイソン・クランペット氏は指摘する。

Tanya Dua(原文 / 訳:ガリレオ)