ブランディングの場は、いま ゲームアプリ 内が狙い目?:「動画リワード広告」の可能性

「動画リワード広告」は、ブランドにとって、大きな可能性を秘めた場なのかもしれない。

スマートフォンアプリ向けアドネットワークを運営するタップジョイジャパン株式会社は10月12日、東京・渋谷ヒカリエでイベント「アプリ動画広告がブランドにもたらす価値とは?」を開催。そこで、同社アドセールスマネージャーの伊藤真理絵氏は、「ゲームアプリ内の広告マーケットは拡大中、まだまだ余地が残っている」と述べた。

タップジョイなどのベンダーが提供する「動画リワード広告」とは、スマホのゲームアプリをプレイ中、全画面広告(多くは動画広告)を一定時間表示する代わりにプレイヤーは、ゲーム内通貨などのリワード(オマケ)を受け取れるもの(従来の「リワード広告:ブースト広告」とは異なる)。これまで、ここでプロモーションされてきたのは、同じゲームジャンルの他社アプリがほとんどだったが、昨今、一般商材のブランドも増えつつあるという。

秘められた可能性とは?

その理由として伊藤氏は、アメリカのモバイルユーザーにおけるサービス滞在時間に関する、2013年の調査結果を示す。フルーリーアナリティクス(Flurry Analytics)、コムスコア(comScore)、ネットマーケットシェア(NetMarketShare)が共同で行ったこの調査では、Facebookを含むソーシャルアプリが28%、YouTubeをはじめとするエンタメアプリが8%、そしてブラウジングが14%なのに対し、ゲームアプリが32%も占めている。つまり、スマホに接する時間の3分の1がゲームに消費されていることになる。

tapjoy1

スマホ内の滞在時間は、ゲームが圧倒的に長い

「この調査結果は、少々古いものだが、モバイルゲーマーの増加は、勢いが増すばかりだ」と、伊藤氏。さらに、2015年のイーマーケター(eMarketer)による、アメリカにおけるモバイルコンテンツ別のユーザー数増加予測を参照して、こう捕捉した。「2015年には1億6490万人だったゲームユーザー数は、2016年には1億8040万人、2019年には2億900万人まで増えると予測されている」。

tapjoy2

検索やSNSよりもゲームのユーザーの方が多い

ちなみにこの規模は、同調査によるとモバイルの検索ユーザー数とほぼ同程度。Facebookユーザー数よりも約30%多くなっている。

ゲーム大国・日本の面目躍如

加えて伊藤氏は、なかでもゲーム大国・日本は、アメリカ、イギリス、ドイツと比べて、モバイルゲームの利用時間が「異様に長い」と説明。2016年にアップアニー(App Annie)が調査したモバイルゲーム利用時間の国別比較を提示する。

tapjoy3

どの年代を見ても、日本のゲームユーザー数は圧倒的だ

「13−24、25−44、45以上、すべての年代において日本のユーザーは、ゲームの利用時間が他国より圧倒的に長い。自分の国のことながら、『この国は大丈夫か?』と思ってしまうほどだ。おそらくこれは、ファミコンやプレステが生み出された国ということだけでなく、電車通勤が長いという要素もあるからだろう」。

ゲーム内に露出するブランド

そこで、同社が得意とする「動画リワード広告」だ。ゲームサービスの利用者は増加する一方で、滞在時間も他サービスに比べて、圧倒的に長い。アメリカでは、すでに自動車やスマートフォンなどのブランドが、同社の「動画リワード広告」を利用し、一定以上の効果を挙げているという。

また、日本国内においてもダイソンが、話題の新型ドライヤー「スーパーソニック」のプロモーションでタップジョイを利用。テレビCMでも利用していた15秒のクリエイティブを流用したという。

ダイソンがリワード広告で配信したクリエイティブ

「『動画リワード広告』は、ゲームのプレイを遮る形になるため、はじめはユーザーの理解を得られるか不安を感じた」と語るのは、同イベントに登壇した、ダイソン株式会社のメディアマネージャー井垣麻美子氏。「しかし、フタを開けてみたら、視聴完了率が96.9%、CTRが2%となり、ブランドリフトの効果も高かった」。

「動画リワード広告」の面白いところは、広告を観ることでユーザーも、ゲーム内通貨をもらえるなど、美味しい思いができる点。そのために、15秒から30秒程度の時間を費やすのは、苦でもない。しかも、全画面で表示されるので、ユーザーは自然とそのコンテンツに集中できる。ユーザー体験としては、テレビCMとほとんど変わらない感覚といえるだろう。あとは、クリエイティブの良し悪しで、効果の成否が決まりそうだ。

Google&Facebookと比較して

最後にタップジョイの伊藤氏は、デジタル広告における興味深い資料を示した。先述のフルーリーアナリティクスらの調査でレポートされた、モバイルにおける滞在時間と広告費の比較だ。現在、デジタル広告の過半数は、GoogleとFacebookの2大巨人に占有されている。だが、下記の図を見ると、滞在時間と広告費の支出のアンバランスさが見て取れるだろう。

tapjoy4

滞在時間と比較して、Googleの広告支出は多い印象

「Facebookに対する広告支出は妥当なものだとしても、Googleへの支出は、滞在時間からすると多すぎる」と、伊藤氏。「右側のその他アプリすべてが、ゲームアプリということではないが、全滞在時間に対するゲームアプリの占有率を見ると、いかにここに機会が埋もれているかがわかる」。

※追記:ご指摘を受けて、「リワード広告」→「動画リワード広告」と表記に修正を加えました。

Text by 長田真
Photo from ぱくたそ