「ジェットスマーター」は、空の「ウーバー」になれるか?:ジェイ・Z設立の自家用ジェット予約サービス

アメリカのラッパーであり音楽プロデューサーのジェイ・Zが、サウジアラビアの王族と共同で設立した、プライベートジェットの手配・予約を行う企業「ジェットスマーター(JetSmarter)」。自動車配車アプリの「ウーバー(Uber)」は有名だが、「ジェットスマーター」は空のウーバーになろうとしている。現在、プライベートジェットのユーザーは人口の1%ほどしかいないが、価格を割引することによって、それ以外の人たちにも利用してもらうことが目的だ。

同社のセルゲイ・ペトロソフCEOによると、2013年3月にローンチして以来、35万件以上のダウンロードがあり、月あたり15%から20%ほどの成長を続けているという。2016年、同社は選択できるプライベートジェット機を増やし、テレビやアプリ内プロモーション、ソーシャルメディアを活用してリーチを増やす計画だ。

「ジェットスマーター」のライバル企業であるXOジェット(XOJET)は主にデジタル広告を重視しているが、「ジェットスマーター」では新たに5200万ドル(約55億円)もの投資を獲得し、億単位でテレビCM枠を購入している。これらは4月15日から放送されているが、尺は30秒で、プライベートジェットの美しいキャビンアテンダント2人がビジネスマンを迎えている様子を描く。CNBC、CNBCヨーロッパ、CNBCロシア、ブルームバーグ、ブルームバーグヨーロッパ、ブルームバーグロシアにおいて、12週間放送される予定だ。

インフルエンサーマーケティング

同社の顧客は、ほとんどが起業家や不動産や広告業界の役員たちのため、金融に強いCNBCやブルームバーグがリーチを拡大するために最適だと、ペトロソフCEOを説明。ちなみに、会員権は初年度で13175ドル(約140万円)となっているが、2年目以降は1年あたり9000ドル(約95万円)になる。

デジタル面においては、「ジェットスマーター」は著名人たちからの支援や宣伝活動により、インスタグラムで大きな成功を収めていると、ペトロソフ氏は米DIGIDAYの取材に回答。

たとえば、2016年のコーチェラ・フェスティバルでは、米ドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」に出演したアシュレイ・ベンソンとシェイ・ミッチェルが「ジェットスマーター」のプライベートジェット体験をインスタグラムで紹介している。このことについて、ペトロソフ氏は同社にとって「とても良い結果となった」と話しているが、彼女たちが行った投稿に費用を支払ったかどうかについては明確にしなかった。

LA—>Palm Springs real quick thanks to the amazing @letsjetsmarter app ?? #ReadyJetGo #JetSmarter

Shay Mitchellさん(@shaym)が投稿した動画 –

アシュレイ・ベンソンとシェイ・ミッチェルの投稿

「ウーバー」とは全然手間が異なる

話は変わるが、「ジェットスマーター」はGoogle検索で上位に表示されるよう、SEOとSEM対策を行っている。Google検索画面で「プライベートジェット レンタルサービス」と入力すると、一番上に表示されるのは「ジェットスマーター」の広告だ。また、同社はユーザーに対して、モバイル通知やニュースレター配信を行っていて、ユーザーに割引や特別提供などを知らせている。ほかにも口コミを重視し、不動産の仲介人から起業家まで、さまざまな人脈を集めて「ジェットスマーター」の販促を行っているのだ。

IMG_0639-744x1323

ジェットスマーターのモバイル通知

「ジェットスマーター」が競合他社と異なる点として、ペトロソフ氏は同社がアプリ企業として創業を開始していることを強調する。アプリのため、ユーザーは簡単なクリック操作でプライベートジェットの予約ができるからだ。しかし、プライベートジェットオーナーのための旅行情報を配信するニュースサイト「DG アメージング・エクスペリエンス(DG Amazing Experiences)」の設立者であり編集長のダグ・ゴラン氏は、予約サイトと比べても、アプリにそれほどの優位性は無いと話している。

結局のところ、プライベートジェットの予約は、「ウーバー」の配車予約とは、まったく異なるのだ。ペットの搭乗許可、出発時刻の変更、特別なケータリング要望や到着時刻の変更など、多くのことが関わってくるため、これらを処理するにも人の手が必要なのである。

ブルームバーグによると、2015年、プライベートジェットの利用が世界的に減少したという。これは2009年以来、はじめてのことだ。また、2015年から2025年までの売り上げは2700億ドル(約29兆円)になると予想されているが、2014年度の予想からは3.6%も減少した数字になっている。

現在、「ジェットスマーター」は世界中で800社以上の航空企業とパートナーシップを組み、3200機以上をユーザーに提供している。プライベートジェットの利用は世界的に減少しているが、「ジェットスマーター」は2016年、アジアにも進出する予定だ。

Yuyu Chen(原文 / 訳:BIG ROMAN)
Courtesy of JetSmarter