Amazon隆盛の時代、「未来の店舗」はどうあるべきか?

小売企業が「未来の店舗のあり方」について議論するのに、ワシントン州シアトルほど適した場所はない。Amazon本社があるこの都市に集まった小売企業やブランド企業の幹部は、店舗の閉鎖や従業員の解雇が続くなかでも、実店舗の未来を楽観的に捉えようとしていた。