カロリー表示を揶揄する インスタアカが絶賛バイラル中!:たった2週間で10万フォロワー

開設からたった2週間で、10万超のフォロワーを集めた、とあるインスタグラムアカウントが話題を集めている。

そのアカウントに掲載されているのは、誰もが見たことのあるブランドのフードやドリンク。ただし、そのロゴが巧妙に細工され、その製品に含まれるカロリー数が表示されているのだ。

アカウント「caloriebrands」を開設したのはマドリードのマイアミ・アド・スクールで、ともにマーケティングを学ぶ、アレッシア・モルディニ氏とロドリゴ・ドミンガス氏。ふたりはこの7月に同学校を卒業する予定だ。

「アイデアが浮かんだのは、栄養学の問題を考えはじめたとき」と、モルディニ氏は語る。「消費者は自分が買うものについて知る必要がある。しかし、各製品のカロリーは、裏面に小さく表示してあるだけ。私たちは、それとは何か違うことがしたいと思っていた。ジャンクフード絡みの悪い習慣を変えるために貢献したい」。

いまのところ、もっとも人気を集めたのは、「キットカット」のチョコレートバーをモチーフにした画像だ。

 

Breaking news! 232 Calories. #kitkat #mybreak #instafood #fitforsummer #design #caloriebrands #calories #brands

Calorie Brandsさん(@caloriebrands)が投稿した写真 –

速報! 232カロリー

 

いままでに掲載されたもので、もっとも多くカロリーを含んでいるのは、ヌテラのヘーゼルナッツスプレッドで、4520カロリーだ。

 

ヌテラがなければ、どんなに人類はどれだけ痩せていたのだろう

 

イギリスで炭酸飲料に砂糖税が課され、またアメリカでも食品医薬品局が新たな食品表示を導入するなど、飲食料品ブランドの原料に対する管理が厳しさを増している。

マーズ(Mars)やネスレ(Nestle)、そしてゼネラルミルズ(General Mills)などの食品大手は商品の味を落とさず、より健康的になるようにとレシピを改良している。マーズはこういった新商品開発に2000万ドル(約21億円)も投入しているという。

しかし、これはそう単純な話ではない。馴染みのあるお気に入りの商品がリニューアルしたと知った消費者がソーシャルメディアで反発する可能性もある。製菓大手のカドベリー(Cadbury)が、定番商品であるクリームエッグのレシピを変更したときは、イギリスで「Save The Egg(エッグを守れ!)」旋風が吹き荒れた。

Grace Caffyn(原文 / 訳: Conyac