犬ぞりに氷河登り: アラスカのエージェンシー、スパウンの羨ましすぎる仕事ぶり

マディソン街の常識はアラスカでは通用しない。スパウン・アイデア(Spawn Ideas)は、ほかの広告代理店と比べると、だいぶ異質なようだ。

創業40年を迎える、このエージェンシーがオフィスを構えるのは、アラスカ州アンカレッジ。アウトドアファーストのアプローチを誇り、従業員の大半が女性という女性主体の企業である。顧客はマクドナルド(McDonald’s)アラスカ支部やアラスカ鉄道(ARR)などで、まったく新しい人生に挑戦したいと考える、米国48州の人材を惹きつけていると、CEO兼プレジデントのカレン・キング氏は述べる。

「我々が人材をリクルートする際は、ここでのアウトドアライフスタイルと、生活の質についての話をする。アンカレッジでは、人々に職業について尋ねるのは失礼にあたる。はじめて会う人にはまず自分が楽しんでいることについて尋ねる」とキング氏。同氏はデンバーにもサテライトオフィスを所有している。

この仕事は誰もがやれるわけではない。そのため、フルタイムで働く前にベータテストで採用候補者に職場を体験してもらう機会を与えてきた。

飛び地であるため、他州と比べて、アラスカが遅れを取っているという思い込みや、成長スピードが遅く、一年中寒いといったステレオタイプと、スパウン・アイデアは戦っている。しかし実際は、「アンカレッジを訪れたとき、その近代化ぶりに人々は驚いている」という。

スパウン・アイデアはアラスカ鉄道やマリンツアー、州内のリゾートなどのアウトドアブランドを専門に取り扱っている。キング氏は、社員全員が自然との深いつながりを共有しており、会議と同じくらいアウトドア活動を奨励していると話した。スパウンの社員は、釣りやカヤックにも何度も行っており、冬には犬ぞりも行っている。

下に、スパウン(とアウトドア)の仕事をイメージできるように、写真で紹介したいと思う:

 

オフィスにはスタンドアップミーティング用のデックが用意されている

オフィスにはスタンドアップMTG用のデッキが用意されている

 

社員の子供を職場に連れてくることが奨励されている

社員の子供を職場に連れてくることが奨励されている

 

他の従業員が子供の世話をするユニークな方法を見つける

ほかの従業員が子供の世話をするユニークな方法を見つける

 

従業員には金曜日にスナックとマルガリータ(チーフファイナンシャルオフィサーによって作られる「リサリタス(Lisaritas)」)が配られる.

従業員には金曜日にスナックとマルガリータが配られる

 

月に一度、キング氏が「プレジデント・ブレックファースト」としてフレッシュフルーツとベーコン、エッグを一杯提供する

月に一度、キング氏が「プレジデント・ブレックファースト」を提供する

 

同エージェンシーでは、毎週水曜日にカンファレンスルームでヨガを開いている

毎週水曜日にカンファレンスルームでヨガを開いている

 

全ては仕事、遊びではない・・・

すべては仕事、遊びではない…

 

カヤック

カヤック

 

釣り

釣り

 

スノーモービル

スノーモービル

 

Max Willens(原文 / 訳:Conyac