NIKEiD開発の代理店、「ポケGO」カスタムシューズを提案:Tumblr「PokeID」でデザインを集約

ポケスポット巡りがいっそう楽しくなりそうだ。

NIKEiDを使って、ポケモンシューズをクラウドソースで制作できるプロジェクトが話題となっている。発起人は、米ポートランドのエージェンシー、R/GAのUXデザイナーであるジーン・ルー氏とダンカン・ホージ氏だ。

両氏が立ち上げた、Tumblr(タンブラー)のPokeIDというアカウントでは、NIKEシューズのデザインや色を好みのポケモンの特徴に合わせて、独自にカスタマイズ出来るようになっている。また、同アカウントに掲載された写真をクリックすると、NIKEストアのサイトに遷移され、メノクラゲコダックをフィーチャーしたシューズを購入することも可能だ。

もちろん、まだPokeIDに掲載されていない、自分の好きなポケモンをフィーチャーした、新たなシューズのデザインもアップロードできる。いまのところ同アカウントで閲覧できるポケモンシューズは、37種類だ(「ポケモンGO」には、151匹のポケモンが存在するため、今後さらに多くのポケモンシューズが作られることだろう)。

以下、そのデザインの一例だ。

 

「フシギバナ」の「ナイキ エア ズーム ペガサス33」

 

「ジュゴン」の「ナイキ ジョーダン スーパーフライ」

 

Treads for days. ??⚫️ Caught by @t.muh. #pokeid #pokemongo #pokemon #porygon #nike #sockdart #hypebeast

PokeIDさん(@pokemonnikeid)が投稿した写真 –

「ポリゴン」の「ナイキ ソックダート」

 

ルー氏は、以前にもNIKE+でポートランド市内を走るバスの交通ルート上に、『スター・ウォーズ』のダースベイダーやAt-Atウォーカーを描いたりするなどしている。

また、R/GAはNIKE+やNIKEiDを開発した代理店だ。NIKEiDは2005年に、ユーザーの好みに合わせたシューズをカスタマイズして保存でき、店舗やモバイルで紹介してくれるWebサイトとしてローンチした。

なお、今後はより多くのリテイラーが、「ポケモンGO」で注目されたAR(拡張現実)技術を活用することが期待できる。「フットウェアニュース(Footwear News)」のレポートによると、NIKEはユーザーがVRヘッドセットを使って、シューズをカスタマイズ制作できる技術の特許を申請中だという。「ポケモンGO」の人気は、実店舗にアプリユーザーの足を運ばせるほどの盛り上がりを見せている

Shareen Pathak(原文 / 訳:中島未知代)