「広告詐欺の予防策は、常に後手に回っている」:ある広告詐欺調査員の告白

業界人に匿名で本音を語ってもらう「告白」シリーズ。今回は、ブランドやエージェンシー、アドテクプラットフォームからの依頼で広告詐欺の調査を行う専門家に話を聞いた。この人物によると、エージェンシーは不純な動機で審査会社を選んでいるうえ、統計サンプリングの概念を十分に理解していないという。