AI記者がアイドルのTwitter投稿を代行:過去のツイートから「らしい文章」を自動生成

本記事は、DIGIDAY[日本版]の兄弟サイト、日本最大のテクノロジー情報サイト「ギズモード・ジャパン」からの転載となります。

◆ ◆ ◆

SNS人格の新たな形を予感させるアイデアが登場しました。株式会社ビットエーとデータセクション株式会社が開発したAI記者を利用し、実際のアイドルのTwitterアカウントを代行投稿するという実験が行われた模様です。

これは、アイドルグループ「PREDIANNA(プレディアナ)」のメンバー、侑杏さんのTwitterを、2017年5月18日~31日までのあいだ、本人ではなくAIが投稿するというもの。いままで人間が書いていた文章を突然AIが代行するのですから、違和感が生じることはないのでしょうか?
果たして「らしさ」は解析できるものなのでしょうか?

170529twitterai

上記画像の左が侑杏さん本人による投稿、右がAI記者による投稿です。絵文字のにぎやかさや文章のテンション具合など、パッと見ただけでは大きな違いは感じられませんが……。

今回の実験は、ツイートの内容からクセや特徴を学習し、「らしい文章」を生成可能とする機械学習ツールの実証実験として実施されました。ベースとなっているのは、2016年11月に公開された中部経済新聞のAI記者エンジン。これと自動ポストbotとの組み合わせで投稿代行を可能としているようです。

170529twitterai3

170529twitterai2

プロジェクトの背景には、企業によるSNS利用拡大とそれに対するリスク管理のソリューションとして、AI記者によるTwitter代行は可能なのか? というものがあります。いまや企業にとってもSNSによる広報は必須。そこをAIで運用できるようになれば、担当者によるアカウント変更間違いやアレ系な誤字というものもなくなるはずです。

しかし、SNS上で自分が話をしているアカウントが突然AIになったりしたら気付くものなのでしょうか? はじめからこの掲示板には自分ひとりしかいなかった系のオチが、やや現実味を帯びてきた気がします。

source: PR TIMES, PREDIANNA – DIANNAプロジェクト公式サイト, Twitter
Image by GettyImage
Original from ギズモード・ジャパンヤマダユウス型