DIGIDAY[日本版]について

DIGIDAY[日本版]

企業のデジタル戦略に携わる方々の興味・関心は、ITを活用したマーケティングの最新動向のみならず、これまで自社のマーケティング活動を支援してきたパブリッシャーの次世代の姿にも向いています。しかし、日本国内を見回しても、このようなニーズに応えられるメディアは存在しませんでした。

2015年9月1日にローンチするDIGIDAY[日本版]を通じて株式会社インフォバーン(運営協力:株式会社メディアジーン)は、米「DIGIDAY」が日々配信する最新のデジタルマーケティング情報をいち早く翻訳し、みなさまにお届けします。もちろん、日本国内の動向についても十分な体制でサポートいたします。

ところで、なぜ、株式会社インフォバーンはこのタイミングで「DIGIDAY」を日本に紹介するのでしょうか? 弊社は、国内有数のブランド企業にデジタルマーケティングの戦略支援サービスを提供する、いわゆるソリューションプロバイダーであると同時に、グループ企業の株式会社メディアジーンを通じて、ネイティブアドなどのデジタルマーケティングを実践するパブリッシャーでもあります。

DIGIDAY[日本版]の運営を通してわたしたちは、日本国内のデジタルマーケティング戦略に関する情報環境のレベルアップを図りながら、インフォバーングループ全体として提供するさまざまなデジタルマーケティング戦略サービスの質的向上に励んでいきたいと考えています。

ブランド企業にとって、経営戦略におけるデジタルマーケティングの重要性は年々高まっています。ブランド企業をマーケティング面から支援するパブリッシャーにとっても、ビジネスモデルのデジタルシフトは避けては通れない喫緊の課題です。 DIGIDAY[日本版]の展開を新たなスタートラインとして、インフォバーングループはブランド企業、パブリッシャーのデジタルマーケティング戦略をこれまで以上にさまざまな角度からご支援いたします。

ご期待ください。

DIGIDAY[日本版] 編集部

(注)発表当時のステートメントです。